カートをみる 会員様・新規会員登録ページ お買物方法 お問合せ お客様クチコミ情報 くじら専門店サイトマップ・会社概要
RSS

 

昭和のはじめ、南氷洋捕鯨へ

昭和のはじめ、南氷洋捕鯨へ

日本が南氷洋へ進出し、捕鯨を始めたのは、国司浩助(日和山公園に胸像)が

昭和 9 年( 1934 )に、日本捕鯨株式会社を創立したことによるものです。

続いて、中部幾次郎が下関で大洋捕鯨を創立したのが

昭和 11 年( 1936 )のことで、南氷洋捕鯨が盛んになりました。

以来、下関が南氷洋捕鯨の基地、大洋漁業株式会社の発足の地として、

全国に知られることになり、捕鯨は一時、中断となりました。


ページトップへ